カテゴリ:創作ストーリー( 10 )

マーガレット物語④夢のような展開そして希望

創作ストーリー「ふたりのリカ」シリーズです。

サイドメニューのカテゴリー「創作ストーリー」にまとめてあります。
「ふたりのリカ」(ワンピースとエプロンは衣装の余談です)
「ふたりのリカ番外編」
「マーガレット物語」
の順に続いています。

特別面白くもないかもしれませんけど012.gif、興味がありましたらどうぞ!
******************************************

前回からのつづきです。

「おかみさん、どういう事なのでしょう?復職して良いと先ほど言われたばかりなのですが、
  働くのは難しいだろう、とおっしゃるのは・・・・?」

「マーガレット、つまりね、私はあんたが不憫で・・・・助けになりたいんだよ?」

なんと、おかみさんは、仕事の復帰を待ってくれるだけでなく、この店の二階の部屋を今の部屋の半分の家賃で貸してくれるというのでした。

「こんな狭い部屋だけど、ここなら母さんと赤ん坊が近くに置けて、少しは負担が減るだろうよ。」
c0238973_212444.jpg


「小さい寝室がもう一部屋あるから、大人ふたり、大丈夫だろう?」

「おかみさん!なんて親切な!ベッドと窓とカーテンがあって・・・・これでゆっくり母さんを休ませてあげられます!」
c0238973_21113789.jpg

この家賃なら、少しある蓄えで、きっとふた月なんとか暮らせるわ。
c0238973_21115914.jpg


ああ、私はなんて恵まれているのだろう!!神様、感謝します・・・・・。
c0238973_21121545.jpg


そして、階下の店に戻ると、こう言われます。

「マーガレットや、あんたがこっそりデザインの勉強をしている事も知っているんだよ?」

あっ!
c0238973_21184033.jpg

こ、これは・・・!!!

「ふふふふ。いいデザインじゃない?よく出来てる。 いずれ、この店でもオリジナルデザインのドレスを売りたいと思っているから、その時はデザインをお願いするよ。その時までよく勉強しておいで。」

はい・・・・・。
c0238973_21233847.jpg


「これは最後に、あんたへのプレゼントだよ。いずれ店の中の事も手伝ってもらう事になるだろうから。」
c0238973_2126138.jpg


靴・・・!

「そのみすぼらしい靴ではね、お客様の前に出られないだろう?履いてごらん?」
c0238973_21274084.jpg
 


本当になんて言って感謝したら良いのでしょうか?

マーガレットは夢を見ているかの様でした。

「本当に、本当に、ありがとうございます!!」

マーガレットは、この日、家路への足取りが軽かった。
今朝まで悩んでいた事が、すべて一瞬に解決したのだから。

いつもの帰り道が輝いて見える、明日に希望が持てたのだから!
c0238973_21432777.jpg



マーガレット物語 第一部 

お話にお付き合い、ありがとうございました!
短かい話でしたが、いったんここで終わります。010.gif

いずれまた続きが作れたらいいな、と思います072.gif
     
それまで、さようなら!


人気ブログランキングへ


blogramで人気ブログを分析
[PR]

by nakimiki | 2012-06-27 21:54 | 創作ストーリー

マーガレット物語③マダムの真意

創作ストーリー「ふたりのリカ」シリーズです。

サイドメニューのカテゴリー「創作ストーリー」にまとめてあります。
「ふたりのリカ」(ワンピースとエプロンは衣装の余談です)
「ふたりのリカ番外編」
「マーガレット物語」
の順に続いています。

特別面白くもないかもしれませんけど、興味がありましたらどうぞ!
******************************************

前回のからのつづきです。

マダムの話はまだ続いていました。
「だけど産後、二ヶ月で仕事に復帰するのはきついだろうし、また、二ヶ月間休んでいる間の生活も大変だろうから・・・・」
c0238973_2042122.jpg

マーガレットは、マダムの話をさえぎって聞いてしまいます。

「おかみさん・・・・!たしかに大変ですが、仕事を失わないだけでも、ありがたいのです!でも・・・
どうして、こんなに良くして頂けるのか、お聞きしてもかまいませんか?!」


「マーガレット・・・・。私はこの店の主・・・。皆の事はよく見ているんだ。
c0238973_2017261.jpg

 この数年、あんたの仕事を見てきたけれど、お針子職人としての腕は一流と言っても良い。

型紙とおり、1ミリも狂わずに縫い上げるのはもちろん、デザインに合う生地と糸選びも完璧。
c0238973_20282231.jpg


そして・・・・なによりも、おなじ腕の職人が手がけたものに比べて、あんたが扱った洋服はどうしてか、ひとあじ違っているのさ・・・。
c0238973_20193896.jpg


縫製から最後の仕上げ、そして包装まで・・・・本当に素晴らしいものだよ。」
c0238973_2021537.jpg


マーガレットの手にかかった商品は、とても評判がよくて、この店の売上にとても貢献していたのでした。


「わかったかい?だからマーガレット、あんたに辞められると困るのは私なんだよ。あんたが辞めてしまう事にくらべたら、ふた月やその位、大丈夫なんだよ。」


「おかみさん、そんなに私の事を評価して下さっていたのですか・・・・」

マーガレットはとても嬉しかった。
もう何年もここで働いていたけれど、マダムのこんな話を聞くのは初めてでした。


しかし、マダムは話を続けます。
c0238973_20385327.jpg


 「マーガレット!私の話はまだ途中だったよ?

   そう、あんたがふた月も仕事を休めば生活が困るだろう事も予想しているよ。

       病弱な母さんもいるだろうしね。

          それに復帰したって、乳飲み子を抱えたままじゃあ、働くに働けないだろう・・・・?」

    

「・・・・・マダム?お話がよく分からないのですが・・・・・・。」


どういう事なのでしょう?



④へつづく


人気ブログランキングへ


blogramで人気ブログを分析
[PR]

by nakimiki | 2012-06-27 20:45 | 創作ストーリー

マーガレット物語② マダムからの提案

前回からのつづき


ある日、マーガレットはいつもの様に仕事をしていたところ、
c0238973_20472387.jpg

「マーガレット、こっちにきてくれるかい」

店の店主に呼ばれました。

「はい。マダム、何か御用でしょうか」
c0238973_20494054.jpg


「少し話があるんだよ、いいかい?」

マーガレットは突然不安に襲われた。
なんだろう・・・いいえ、きっと私のお腹の事だわ・・・
c0238973_225741.jpg


「マーガレット、あんたの私的な事まで口出しする気は無いよ、でも赤ん坊を産むつもりでいるんだろう?」

涙がギリギリのところまで、溢れてきているのを感じていた・・・・。


ところが、心配とは裏腹に、おかみさんはマーガレットに一枚の紙を渡しこう言った。

「ここに私の知っている助産師の連絡先が書いてあるから、今度訪ねていろいろと相談してくるといいよ。
きっと、力になってくれる。」

「おかみさん!ありがとうございます・・・・!!」
c0238973_21145150.jpg


更に、今後の事について、マダムから提案があった。
それはだいたい次の様な内容でした。

・お産までは、なるべく今までどおり働いてもらう。

・産後は2ヶ月休んで良い。でも2ヶ月後には復職すること。

・復職後は、しばらく細かい針仕事の実働は半分に減らして、半分は他のお針子の指導などにする。


これらのありがたい申し出に、嬉しい気持ちと同時にマーガレットは驚いた。

どうしてこんなに、良い条件を出してくれるの?
考えても分からない。

そして、この後マダムからの提案はまだ続くのでした。

③へつづく





人気ブログランキングへ


blogramで人気ブログを分析
[PR]

by nakimiki | 2012-06-26 19:08 | 創作ストーリー

マーガレット物語①

みなさん、こんにちは001.gif

久しぶりですが、マーガレット056.gifの物語です。

創作ストーリー「ふたりのリカ」から始まった、「ふたりのリカ番外編①②③」の続きものです。

サイドメニューのカテゴリー「創作ストーリー」にまとめてありますので、興味のある方はそちらからご覧下さい。
順番としては
「ふたりのリカ」(ワンピースとエプロンは衣装の余談です)
「ふたりのリカ番外編」
「マーガレット物語」
になります。

それでは・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これまでのあらすじ・・・・

ある街の洋装店に、お針子として働く若い女性がいました。

名前はマーガレット 病弱な母親と二人暮らし、

でもいつか自分の店を持つ夢をみて、真面目に働いていました。

ある日、ローズ家の息子ピエールと身分違いの恋愛をします。
彼は家族の猛反対の中、マーガレットに愛の誓いの証として、薔薇の髪飾りを残していきます。

でも、結局ピエールはマーガレットを迎えには来ませんでした。

c0238973_13545811.jpg



一ヶ月以上経った頃でしょうか

ピエールが名家の令嬢マリー・エレーヌと結婚したと、街の噂で知ってしまいます。

失意のマーガレット。

しかし、自分には夢があることを思い出し、前を向いて生きていく事に決意新たにしたのでした。
c0238973_1462146.jpg

ところが、その頃すでにマーガレットはピエールの子を身ごもっていたのです。
マーガレット自身もまだ知らない事でした。


ここから物語は続きます


月日は流れ・・・・

季節は秋へと移っていた・・・
マーガレットのお腹は膨らみ始めています
c0238973_14112893.jpg

マーガレットはお腹の子を産む決意をしていたのでした。

彼との事は、今となっては夢の話だった様に思う・・・
階級社会の中で、あの恋自体が夢物語だったのだ、そうマーガレットは思い始めていた。

そんな矢先に身ごもった事を知り、お腹の子は奇跡の子だと、そう思ったのでした。


でも・・・そう決意したものの、

今マーガレットは不安で一杯でした。
c0238973_14212324.jpg


お産の事なんて何も知らないし・・・頼れる人もいない・・・、それにいつまで働けるのだろう?
出産した後の生活はどうしたら良いのだろう?

秋の気配が、不安と一緒にマーガレットを包みこんで行くのでした・・・・・
c0238973_14242313.jpg


c0238973_1426449.jpg



②へつづく




人気ブログランキングへ


blogramで人気ブログを分析
[PR]

by nakimiki | 2012-06-25 14:35 | 創作ストーリー

あとがき

昨日更新しました、
ストーリー・シリーズ「ふたりのリカ・番外編  」ですが。


物語に登場する、マリー=エレーヌの実家のモデルとなったお屋敷の前に、リカちゃんが来ています。
c0238973_23335178.jpg

こうして目の前にしてみると、とても大きなお屋敷です!


リカちゃん、レポートありがとう053.gif



さて、”マーガレット”と”マリー・エレーヌ”の衣装ですが。
マーガレットは手持ちの服を重ね着しています。
c0238973_23434779.jpg

ただやみくもに重ねて着ただけな感じですが、それでリアル感が出たように感じます。
(普段着って意外とこんな感じ?違うかな?)


マリー嬢のは、新調しました。頭の中のイメージが、「ちょうちん袖のふんわりワンピース」。
たまたま買ってあったオーガンジーがイメージにピッタリ。ウエストの位置と肩が大きかったのがちょっと失敗。

c0238973_23533191.jpg



ストーリーについて・・・

なんとも切ない話になりました。007.gif054.gif

でも「ふたりのリカ」を作っているときに、もうそっちの方向に進んでしまっていたので、しょうがないですね・・・。
もう止まらない(ToT)/~~~


すべての発端は、100均ショップで買ったドールエプロンを着せてみた事、薔薇のヘアピンで三角頭巾を留めた事が発端です!わ~~~



頭の中にあったストーリーは、これで全てですので、とりあえずこれで「完」となりす。
もし何かひらめきましたら、続編を作ってみるかもしれません。


と言う事で、

みなさん、お付き合いありがとうございました。072.gif






人気ブログランキングへ
[PR]

by nakimiki | 2012-03-29 00:37 | 創作ストーリー

「ふたりのリカ」番外編③

「ふたりのリカ」番外編① のつづきです。


青年とマリー=エレーヌ嬢との結婚を知ってしまったマーガレット・・・


マリー=エレーヌは先祖代々王家に仕えていた由緒ある家の令嬢で、
c0238973_110689.jpg


最近社交界デビューをしたばかり。
c0238973_1182997.jpg

c0238973_1201629.jpg


その美しさと、そして名門良家どうしの婚礼という事が話題になり、その噂は下町にまで及びました。

それでマーガレットの耳にも届いてしまったのです。



青年とマリー=エレーヌ嬢の結婚に、マーガレットはショックを受けます。
c0238973_14688.jpg


c0238973_125582.jpg




でも・・・

始めから身分違いの恋であった・・・。
青年を恨む事はしませんでした。

この薔薇の飾りも手元に置いておこう・・・。身に付けていよう。

しかし、悲しみ、この街を離れ遠くへ行ってしまおうかとも思いました。

そんなとき、夢があった事を思い出しました。

洋装店を持つ夢・・・・
この街でかなえたい。
c0238973_1262615.jpg



物語はドラマチック

マーガレットのおなかには、青年との間にさずかった、小さな命がありました。
このことにマーガレットが気づくのは、もう間近なのです。


マーガレットと、マリー=エレーヌ
のちに、数ヶ月違いで同じ女の赤ちゃんを産むことになるのでした。

ふたりのリカ
マーガレットの子が、「下働きのリカ」
マリー=エレーヌの子が「ローズ家のリカ」です。


「ふたりのリカ・番外編」おわり



大変おそまつでした!
これはフクションです!
マーガレットかわいそう(;O;)がんばれー!







人気ブログランキングへ
[PR]

by nakimiki | 2012-03-28 01:48 | 創作ストーリー

「ふたりのリカ」番外編②

お話「ふたりのリカ」番外編①のつづきです。

お互いに将来の仲を誓い合うマーガレットと青年でしたが、
青年の身分を知り、マーガレットは悲観に暮れました。

青年のマーガレットを愛する心は本物でしたが、
のちに家族の知ることとなり、大反対されてしまいます・・・。
c0238973_0252069.jpg



そして、とうとう会うことを禁じられてしまいました。

マーガレットは叶わぬ恋と諦めようとしますが、
青年は必ず家族を説得し迎えにくるから待っていて欲しいと、誓いの証として
家紋の薔薇をかたどった飾りをマーガレットに渡しました。
c0238973_0225788.jpg


それから月日はどれくらい経ったでしょう・・・
マーガレットは信じて待ちつづけました。
c0238973_03241.jpg


しかし・・・・まだ若い青年は無力でした・・・。
家族の猛反対や圧力に立ち向かう気力を、長く持ち続ける事は出来ませんでした。

数ヶ月経った頃。
c0238973_0411442.jpgc0238973_042337.jpg

マーガレットは青年が、同じく家柄の高い名家の令嬢と婚約し、すぐに結婚したという事を知ります。

令嬢の名は、マリー=エレーヌ


つづく










人気ブログランキングへ
[PR]

by nakimiki | 2012-03-28 00:53 | 創作ストーリー

「ふたりのリカ」番外編①

お話「ふたりのリカ」の番外編です。

ふたりのリカ、まだ二人が生まれる少し昔の話・・・
とある街からお話は始まります・・・
c0238973_23325935.jpg


街の洋装店でお針子として働く、若い娘がいました。
c0238973_23353414.jpg

娘の名は、マーガレット。
c0238973_23392020.jpg


家の家計を助けるために、一生懸命働いています。

そして、マーガレットには夢もありました。
洋裁の腕を磨いて、いつか自分のデザインした服を売る店を持つこと・・・。
その夢が、マーガレットを輝かせていました。
c0238973_23435241.jpg


ある日、店の店主が留守中に、ある青年が客としてやってきます。
しかたなくマーガレットが応対し、要望等を伺い、あとは店主から連絡する手はずを整えました。

何事も、きっかけは、ささいな事から始まります・・・。

二人は運命に導かれる様に恋に落ちました。そして将来を約束する仲になったのです。

しかし・・・青年は、住む世界の違う人でした。
由緒ある名家、ローズ家の息子だったのです。
c0238973_23553754.jpg



つづく





人気ブログランキングへ
[PR]

by nakimiki | 2012-03-28 00:00 | 創作ストーリー

ワンピースとエプロン

こんにちは。001.gif

昨日、「ふたりのリカ」で二役を演じたリカちゃんですが。

衣装は、どちらも同じ物、ストライプのエプロンと三角巾でした。
c0238973_21595537.jpg

ローズ家のリカは、エプロンをワンピース風に着て、腰から下は後ろが開かないように安全ピンで留めて。
そして、三角頭巾は肩と背中を隠すように羽織って、先を胸当ての中で留めて、袖っぽくしました。012.gif
ちょっと、皇室ファミリーっぽいデザインになった気がします。053.gif




下働きのリカは、そのまんまエプロンです053.gif
c0238973_221392.jpg



このエプロンセットは、いつものわたしの雑な手作りではなく、100円ショップで買ったものです。

他の方のブログの記事で、100均でドール服が売っている016.gifと知り、

たまにちゃんと既製品の服も欲しいなあ~060.gifと、近くの100円ショップへ行って購入したものです。

そこに売っていたのは、リカちゃんにはとても大きいサイズでしたので、エプロンならいけるかな?と思って買ってみました。


昨日のストーリーには特につづきは無いのですが、二人の関係や出生の秘密なんかは、筋書きがありますので、また機会があればお話しますね038.gif(そんなおおげさなもんじゃありませんけど!)
[PR]

by nakimiki | 2012-03-14 22:29 | 創作ストーリー

ふたりのリカ

私の名前は、リカ。
この辺りの土地をほぼ所有する、大地主の名家、ローズ家の娘です・・・。
c0238973_16255074.jpg

郊外のお城に家族と住んでいます。
c0238973_17245368.jpg

c0238973_16272060.jpg



ローズ家では、ローズ家の紋章入りの、代々伝わるローズブランデーを作っています。
薔薇の香りがとても良い香りです。よろしければ、召し上がってみませんか?
c0238973_1630160.jpg







私の名前は、リカ。
あるお屋敷で下働きをしています。
c0238973_16311980.jpg
c0238973_16321027.jpg

ああ、汚れがまだ残っているわ・・・。
旦那様は清潔にうるさい方だから、洗い直さなければいけないわ。
c0238973_16344418.jpg

c0238973_16354893.jpg

下働きのリカの頭には、ローズ家の紋章と同じ髪飾りが?

この髪飾りは、亡くなったお母様の形見・・・。
そしてお父様の事は何も知りません、何も聞かされていないのです。

でも、この街のどこかで、もしも生きているなら・・・!
c0238973_16392641.jpg



この、二人の運命とは如何に・・・・・・・・・
それは、空と雲しか知っていなかった。
c0238973_16415249.jpg



                             終







人気ブログランキングへ
[PR]

by nakimiki | 2012-03-13 17:26 | 創作ストーリー